ある日の仕入れ旅日記 2006.10.5

旅日記・営業日記 ある日の仕入れ旅日記 2006.10.5

新着商品ポイント10倍!! メンバー登録
レビューキャンペーン開催中!!

ある日の仕入れ旅日記 2006.10.5

戻る

軍事クーデター真っ只中のバンコック、砲弾の中を飛び回り、
いつも2週間はかかる仕事を稲妻のように4日で終わらせ、
「ほぉ・・中々まだまだやれるじゃないか・・・」
と一人ニヤニヤしながら仕事終了の祝杯をあげ
派手に飲んで二日酔いで倒れていたら、
日本から親父と弟が遊びにやってきた。

カンチャナブリやアユタヤの遺跡という
観光の王道、私の知らないタイランドを見てまわり、
夜はレディーボーイのショーを満喫しながらごくごく飲んで、
悲鳴をあげる肝臓を抱えて、いざカンボジアへ。

現地で見る「地雷を踏んだらサヨウナラ」に痛く心を動かされ
1ダースのビールと持参した芋焼酎、リッター瓶のゴードンを空にして、
実物のアンコールワットに震えるほどの感動を覚え、
その足で当時一ノ瀬泰造が通ったというレストランで
タイゾーメニューとアンコールビアで乾杯。

日が暮れると北朝鮮直営のレストランピョンヤン冷麺で
喜び組みの踊りを見ながらキムチとチャミスルを痛飲。
「チャミスル ハナ チュセヨ」覚えて良かった韓国語。

静まり返ったゲストハウスに戻るとテーブルの上には
なぜかしら昨日空にしたはずのゴードンがまた1本。
「しゃーない飲むか」と始まる長い夜。

昨日の深夜も「地雷を踏んだら・・・」が偶然TVでやっていて、
ラストシーンで再び感動。
しばらくはあの壮大なアンコールの遺跡群と、
一ノ瀬泰造の写真が頭から離れそうにありません。

以上、仕入れ旅日記おわり(笑)

レディーボーイのショー
こうなるとセクシャリティーなんてどうでもよくなってしまいます。ホントに綺麗。

アユタヤでみつけたキュートなトゥクトゥク。ちょっと木陰で一休み。

毎晩続いた深夜の会合 in シュムリアップ。

戻る

ページ上へ