ボクはキリギリスになりたい

旅日記・営業日記 ボクはキリギリスになりたい

新着商品ポイント10倍!! メンバー登録
レビューキャンペーン開催中!!

ボクはキリギリスになりたい

戻る

ボクはキリギリスになりたい
働くアリには戻れない みんなと同じじゃツマラナイ
揺れるハッパに腰掛けて 日がな一日暮らしたい
ゆらゆら揺れるハッパの上で オマエの唄をウタいたい

「アリとキリギリス」有名な童話がありますね。
子供の頃、この物語を聞かされて
「アリさんのように一生懸命働かないと
いつかキリギリスみたいになってしまうよ」
アーナゲカワシイ・・・

なんて日本人らしい解釈のしかたでしょう?
これは真っ赤なウソ。都合のいい洗脳だ(笑)

来る日も来る日もキツイ仕事の繰り返し。
荷物を運ぶアリの中には
キリギリスの唄うウタだけを楽しみに
がんばっていたヤツもいたことでしょう

「いつか一文無しになってしまうような
マヌケなヤツが唄うウタでも
何かの足しにはなるもんだ」これが正解。
転じて、「この世の中、ムダなことなどなにもない」

架空の話をでっち上げるのを生業とした
この童話作家は、こう言いたかったんじゃないでしょうか?

ところで、将来移住を計画してるタイでは冬が来ません。
一年中夏、夏、ナツ。
なので、この街はキリギリスだらけ。
しかも、ウタいもしない・・・

働きすぎの日本人には、この底のヌケ具合が
ここちよかったりするんですが・・・

おぢさん お祭りの風景1 お祭りの風景2 お祭りの風景3 お祭りの風景4 お祭りの風景5

戻る

ページ上へ