「悠久の国際空港」

旅日記・営業日記 「悠久の国際空港」

新着商品ポイント10倍!! メンバー登録
レビューキャンペーン開催中!!

「悠久の国際空港」

戻る

ココはインド・ニューデリーの空港内、
国際線出発ロビーでございますm(__)m
世界中の人々が集まるインドには、
実に様々な人達がおりました、ココのロビーも然り。

「人種のるつぼ」とは、こういうことか!と思うほど
出てくる出てくる怪人たちがw
今回は、ワタクシの「脇腹にきたな、コレは」と言う
方々をご紹介w

まずは、5月のインドで・・・・

5月のインド・デリーと言えば「人も死ぬ」程「暑い」時期w
立っているだけで、滝のような汗が流れるこの時期に、

「革ジャン革パン当然長袖男!!」国籍不明。

彼の荷物は、分厚い本一冊。
何しに来たんだ?そしてこれからどこへ行くんだ?

更には・・・
「たった今、トイレで一本ブッてきました!」と言わんばかりの

 「シャ○チュウ男」ヨーロッパ系

顔色ものすごく悪しw でも、目だけはランランw

そして、ご当地インドからは、
ターバン、シャツ、パンツとすべて「白」の
若干、挙動不審気味なインド人3人組w
誰かが動くと3人一緒に立ち上がる、誰かが振り向くと
3人一緒に振り向くw 服もおそろいなら行動もオ・ソ・ロなのねw
あらやだw ヒゲまで同じじゃない?w

などなど、挙げだしたらキリがないほどの怪人たちw

中でも、ひときわ輝いていたのが、
5~6人のイスラエリーとおぼしき集団。

その中の一人がやたらとせわしないw
どうもその動きが、知人のイスラエリーに似ている為、
「チョコマカ エディ」と命名。
しばらく彼の動きを観察してみることにw

この、「チョコマカ エディ」は、ほんとにちょこまか動き回る。
他のイスラエリーグループの中を、行ったり来たりとせわしない。
あっちへすっかけ、こっちでヘラヘラ、座ったかと思えば、
またフラフラw 見ていて飽きない男だw

しかもよく見ると、
左肩からはカメラをタスキがけに、
右肩からはバッグをタスキがけにするという、
中々、コジャレた「バッテン スタイル」w

さて、その「チョコマカ エディ」
今度はグループの女の子達と、写真を撮り始めた。
一応、インドの記念になる所、物の前で撮影を開始したのだか、
どうも、彼らに背を向けて座っている、
前述のターバン3人組が気になるらしいw

しかし、さすがのお調子者も声をかけることが出来ないようで
仕方なしに、後姿の彼らを両脇から挟むように座って撮影w

白いターバンに白い服のインド人3人組と
それを背に笑うイスラエリー・・・
何とも奇妙な構図だw ターバンが円盤みたいだしw

撮影の瞬間、背後の不穏な動きを察知した3人組が
一斉に振り向いた!やっぱり、3人一緒なのねw
しかし、「チョコマカ エディ」はそしらぬ顔で口笛なぞ吹いているw
ベタな男だw

この一連の動きを、向かい側でハラを抱えながら見ていると、
そこへ通りかかったのが、チベット人のお坊さん。

すかさず、「チョコマカ エディ」が撮影を申し込む!
まったく、抜け目のない男だw
妙なイスラエリーに撮影を申し込まれたお坊さん、
若いが中々の貫禄だ。
彼の申し入れも、すんなり快諾。
しかも、すぐそばに座っている私達に、
「いやぁ、スターになった気分だヨw」
と、ノリのいいところまで披露してくれたw

「このお坊さん只者じゃないな?」なんて思っていると、
さわやか笑顔で無事に撮影終了。
「チョコマカ エディ」もうれしそうだw
お礼を言うついでに「チョコマカ エディ」、
お坊さんの持っている「長い筒」について
質問している。多分、経典が入っているのだろう。

「ホワット・イズ・ディス?(ヘラヘラ)」
まったく調子のいいやつだw
お坊さんも大変だなぁ、こいつの相手はw
と、思った瞬間、お坊さんが一言。

「ディス・イズ・バズーカ(ブッダスマイル)」

やられました・・・完敗ですw
ブッダスマイルのオマケまでついてますw

これには「チョコマカ エディ」も「素」になったよーでw
やっとでたのが「リ・・リアリィ?」
んなわけねーだろ!!w

全員が、口を開けて佇む間を、
お坊さんは、実にさわやかな笑顔を残して、
颯爽と歩いていきました。私にウィンクのサービスまでw
見れば、足元は「アディダス」ではないですか!!!
やるなぁ・・・かっちょえぇぇ・・・

人種のるつぼインドで、
「世界のツワモノ」イスラエリーを相手に
笑顔で時事ネタをかませる「イカしたお坊さん」に10点!!!

最後に、ターバン3人組のこぼれネタです。
彼らはタイの空港でもやっぱり3人同時に行動してました(笑)
イミグレーションも、その調子で、3人一緒にカウンターに行くもんだから
係員に怒られてましたw
いったん、線の向こう側まで戻されるんですが、
それでもやっぱり3人一緒にカウンターへ・・・w
これを合計3回は繰り返しておりました。
その横を、7歳くらいの白人の女の子が、
一人でスタスタとカウンターに向かう姿を見たときは
「あぁ・・もう、アジアの男って・・」と、
なぜか目頭が熱くなりました(T_T)

ニューデリー

5月のインド・ニューデリー・・・暑いんだよ・・・そんでくさいんだよぉぉ・・・

イカした屋台

お店に持って帰りたい!イカした屋台wえ?店番のインド人もセット?ん~ご飯はカレーでいいのかな?w

暑い

だから、暑いんだよぉぉ・・・くさいんだよぉぉ・・・帰りたいよぉぉ・・・

ねぇ、神様

「ねぇ、神様ホントに見てる??見てるんだったら、タイム・イズ・マネーって言葉教えてやってよ!インド商人にさぁ!」

ねぇ、おいちゃん?

「ねぇ、おいちゃん?これって太ったら着れないよね?」「んだなぁ・・・厳しいべなぁ・・・」

戻る

ページ上へ